調査する

ヘルメットを被った女性社員

地盤の調査や改良はすべての住宅にとって重要な工程

住宅を建築する際にはほとんどの住宅で地盤調査が行われています。木造二階建て以下の場合構造計算書の提出が義務付けられていないため地盤調査を行わなくても家を建てることは法律上は可能です。しかしほぼ全ての住宅建築の際には地盤調査が行われています。というのも戸建て住宅でも不同沈下や液状化など地盤に問題が発生するケースが報告されているからです。どんなに頑丈な建物を建築しても地盤がしっかりしていなければ安心して住むことはできません。地盤調査を行い場合によっては適正に地盤補強を行った物件に関して地盤保証という保証が付くのです。地盤保証を受けるためには地盤調査を行い調査結果に基づき必要であれば対策を行和なければならないのです。一般的にこうした地盤調査会社は建築会社などによって指定されている場合も少なくありません。というのも地盤保証を受けるためには施主が加入するのではなく事業者(建築会社など)が申請を行っているのです。ですから取引のある保証会社で保証を受けるために調査会社や補強工事会社が指定されているケースがほとんどなのです。

地盤調査や改良工事の妥当性

地盤保証を受けるためにはその会社で指定された補強工事を行う必要があります。中には必要以上の補強を指示しているケースもあるのです。建築会社の人間がその補強工事に異議を感じ調査会社や保証会社に問い合わせをしてもなぜその工事が必要なのかといった問いに明確に答えてくれずデータとして出ているので必要などあいまいな場合もあるのです。しかしもっと簡単な工事でもよいのではないかと尋ねるとそれでは保証ができませんとなる保証会社もあるのです。 しかし個人で地盤調査会社を見つけて何度も工事を行うことはあまりにも効率が悪いことといわざるを得ません。そんな時には地盤調査のセカンドオピニオン業者など解析だけ第三者に見てもらうなど外部の業者を入れることは有効です。もちろん余分な費用は発生します。 しかしこの先何十年も暮らす土地ですから、納得して住宅を建築する必要があります。この先何十年ももやもやした気持ちで過ごすことを考えると場合によっては必要な出費ともいえるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加